おしゃれなメガネケースの販売店

おしゃれなメガネケースを取扱うメンズのセレクトショップ。誕生日や送別のプレゼントに人気のおしゃれなメガネケースが豊富に揃っています。革や革の以外の素材など様々な種類があり、丈夫なメガネケースからソフトタイプまで利用シーンに合わせて選ぶことができます。プレゼントにおすすめの、名入れサービスができるメガネケースも豊富です。人気ブランドの取り扱いも多いメガネケースの通販サイトFreeSpirits

メンズメガネケースカテゴリートップイメージ

全てのメンズメガネケースを見たい方はこちらをクリック

おしゃれメガネケース おすすめ8商品

  • エムピウのメガネケース

    11,880円(税込)

    大きめのサングラスなどの形状のメガネにも対応のできるメガネケース。商品に名入れもできるために、ギフトにピッタリのオリジナルのメガネケースを作ることが可能です。

  • パーリィー メガネケース

    7,344円(税込)

    革の光沢は、他のメガネケースにはない輝きです。高級感があり、メガネケースのプレゼントをお探しの方に一番人気のメガネケースです。

  • ジャン ルソー ソイエンボス カーフ メガネケース

    24,300円(税込)

    立体的なメガネケースで、外部からの衝撃からメガネを守ってくれます。フランスの最高級のブランドのジャン・ルソーのメガネケースです。

  • ダクトの牛革スムース メガネケース

    4,860円(税込)

    収納したメガネをしっかりと保護をしてくれるハードケースタイプ。革のメガネケースで一番ベーシックな形になります。

  • モカ Glasses Case 01 メガネケース

    8,640円(税込)

    今までの悩みを一気に解決してくれるメガネケース。立体的で、使わない時は平にできる持ち運びに便利なメガネケース。

  • カクラ ヌメ革メガネケース

    6,480円(税込)

    名入れ可能でプレゼントにぴったり。メガネの大きさに合わせられる珍しいロール型のメガネケース。使い込む程メガネにピッタリの形に革が馴染みます。

  • フラソリティ メガネケース

    9,720円(税込)

    定番の形で大きさも融通が効き、どんな人にも合うメガネケース。プエブロレザーが革好きの心を鷲掴みです。

  • ビアベリー TRAVELTRAY メガネケース

    6,650円(税込)

    ボタンの組み合わせを変化させるとメガネケースにも、トレイにもなる優れたアイテム。性別、年齢問わず誰でも使える人気のアイテム。

男性のプレゼントにオススメのメガネケース

名入れが出来るメガネケース 男性へのプレゼントにおすすめ

フリースピリッツで提供している名入れが出来るメガネケースのブランドはエムピウとスリップオンとカクラとダクトとボルボとモカです。それぞれに名入れの条件や金額や納期が違いますので、しっかりチェックして頂いた上でご購入とお申し込みをしてくださいませ。ご不明な点などございましたら、お問合せください。

名入れの料金は、m+は1,080円、他は一律で540円です。
注文から1~3日で発送します。(土日の注文は職人の関係上、月曜日からの対応になります。)
文字数は商品によって異なりますので商品ごとに確認して下さい。

メガネケースをプレゼントするということ

ちょっとしたギフトに使いたいアイテムの一つにメガネケースがあると思います。 以前に比べて、コンタクトレンズが、普及しているので、メガネのみの使用の人は減っていますが、その分メガネとコンタクトレンズの併用する方がここ最近増えております。 通常、メガネケースというとメガネを作った時に付属でついてくるメガネケースをそのまま使用し、個人で購入する人は、少ない方と思います。 だからこそ、メガネケースは社会人へのプレゼントとして人気があるのかもしれません。自分でメガネケースの購入の考えた時に4000円前後となると、ちょっと高いなと感じられる方もいらっしゃると思います。しかし、プレゼントの予算で考えると4000円という金額はそれほど高いと感じられる方も少ないのではないでしょうか。メガネケースは高くても15000円までくらいで本当におしゃれでカッコいいメガネケースを購入することができます。 メガネケースを選ぶ時のポイントしては、メガネケースに入れたいメガネがきちんと収納をすることができるか?ということです。 特に、サングラスのように大きめのメガネを使用している方へのプレゼントで考えていらっしゃる方は、事前にメガネのサイズを調べて探されるようにして下さい。 メガネケースの価格帯としては、4000円前後〜6000円前後は、ちょっとしたプレゼントに選ばれる商品としては一番多いです。また、革が好きな方や、拘りが強い方へのプレゼントしては10000円を越える商品に名入れを渡されることも多いです。

ギフトラッピングについて

新着商品

新しくセレクトしたブランドや定番ブランドの新商品などをいち早くお届けします。

prev

next

ランキング

男性のメガネケースで人気のアイテムのランキングです。おしゃれなメガネケースがランキング上位を独占しています。

prev

next

おしゃれなこだわりメガネケース

  • ボルボのメガネケース

    ボルボのメガネケース

    ハードケースタイプの革のメガネケースです。鞄の中に入れて持ち歩いてもしっかりとメガネを保護してくれます。

    6,264円 (税込)

  • カクラ ヌメ革メガネケース

    カクラ ヌメ革メガネケース

    KAKURAの革紐の特徴が好きな人にはおすすめのメガネケース。デザイン、革の色遣いと男性が好きな渋みがあります。

    6,480円 (税込)

  • ダクト 牛革ブライドル メガネケース

    ダクト 牛革ブライドル メガネケース

    メガネケースで珍しいブライドルレザーのメガネケース。長く使うメガネケースだからこそ、革の経年変化を楽しめるのは嬉しいですね。

    8,640円 (税込)

  • パーリィー メガネケース

    パーリィー メガネケース

    幅広い世代へのメガネケースのプレゼントで人気があります。デザインがおしゃれな長く使えるの人気の理由です。

    7,344円 (税込)

  • フラソリティ メガネケース

    フラソリティ メガネケース

    プエブロという珍しい革の素材と使ったメガネケース。使い込み程、革が柔らかくなり革の経年変化を楽しめる革の素材。

    9,720円 (税込)

  • ディフューザー メガネケース

    ディフューザー メガネケース

    とにかく軽量で、外部の衝撃からメガネをしっかり保護してくれます。カジュアルで珍しいデザインのメガネケース。

    10,260円 (税込)

メガネケースを選ぶポイントについて

メガネケースのサイズ

使用するメガネのサイズをきちんと把握する

メガネケースを購入をする時に、一番大事なポイントは実際に使用するメガネのサイズをきちんと把握をすることです。メガネは入るサイズさえ間違わなければ、メガネケースを購入をする時に失敗をすることは、ほぼないでしょう。最近は、メガネの種類が多様化しているために、一言にメガネケースと言っても、メガネのサイズを把握をせずに購入をすると合う合わないが発生をしてしまいます。必要なサイズは、左右の長さはもちろんですが、メガネを折り畳んだ時に高さも重要です。ここの高さを間違ってしまうとせっかくおしゃれなメガネケースをプレゼントで渡しても、使えないです。自分用で購入をする時は、きちんとサイズを調べることができるのですが、プレゼントで考えていらっしゃる場合は失敗をしないためにも、事前にプレゼントで渡すアイテムの使っているメガネのサイズのリサーチをすることをおすすめします。

メガネケースの形状について

利用シーンをイメージする

メガネケースでも、使用シーンで向き不向きの使い方があります。常にメガネを着用している訳ではなく必要な時だけメガネを使用をするという方は多いでしょう。そのような方は、当然使用しない時はカバンに入れて持ち運ぶことも多いと思いますので、外部の衝撃から耐えることができるハードケースやアルミを使用したメガネケースがしっかりとメガネを保護をしてくれていいでしょう。老眼鏡のように薄めのメガネでジャケットの内ポケットに入れて持ち歩きたい方には、薄型のかさばらないメガネケースをおすすめします。あまり荷物も多くない方には、デザイン重視のメガネケースもいいでしょうか。メガネケースを選ぶ時にメガネのサイズに合わせてメガネケースを選ぶことが一番重要なことですが、メガネの使用の仕方や、普段の服装などの把握をした上でメガネケースを選ぶとメガネケースを使用する人のライフスタイルに合ったメガネケース選びができますね。

セレクトショップとしておすすめしたいメガネケースブランド

  • エムピウブランドイメージ

    m+(エムピウ)

    独特なデザインのエムピウのメガネケース。見た目のおしゃれさは、メガネケースの中でも目立っています。プレゼントで喜ばれること間違いなしです。

  • モカブランドイメージ

    moca(モカ)

    カジュアルな格好に似合うmocaのアイテム。誰もが欲しいけれど商品化されていなかったメガネケースのデザインがついは発売されました。

  • カクラブランドイメージ

    KAKURA(カクラ)

    独創的なデザインのアイテムが多いカクラ。メガネケースは、フリースピリッツで販売をさせて頂いた人気アイテムです。

予算帯別のメガネケースの特徴と客層について

5千円までのメガネケースの特徴

自分用に購入するメガネケースが多いです

5000円くらいのメガネケースは、定番のデザインが多い価格帯的にもちょっとした男性へのプレゼントに選ばれることが多いです。メガネケースは、メガネを購入をした時に、渡されるメガネケースをそのまま使われる方も多く、自分でメガネケースを購入をする方も少ないと思います。メガネケースの種類は、1000円前後の価格帯が一番多いですが見た目やデザインがそれほどかっこ良くありません。メガネケース最低限保護をして持ち歩くことだけに使うのであればいいのですが、見た目を意識したり、プレゼントに使われるのであれば4000円前後以上のメガネケースがおすすめです。スリップオンや、ダクトのメガネケースは価格帯としても購入がしやすくプレゼントとしても人気があります。革のメガネケースのハードケースタイプや、アルミの筒状のメガネケースなど、4000円以上の価格帯になってきますと選べる範囲も広がってきます。

8千円までのメガネケースの特徴

プレゼントに人気の商品が多いです

8000円までのメガネケースの特徴は、デザインがおしゃれなメガネケースが多いです。誕生日、クリスマスや退職祝いなどのプレゼントシーンに似合うメガネケースが揃っています。革で作られているメガネケースは、ほとんどが財布や、名刺入れなど革小物を日本で作っているブランドがアイテムの一つとして作っていることがほとんどです。名前を入れるメガネケースでは、カクラのメガネケースが人気があります。アクメのメガネケースは、世界中の有名でザインナーのデザインされている遊び心を持ったメガネケースが多いです。他にも、メガネケース以外の使い方もできるビアベリーのメガネケースなど、様々種類が揃っているか価格帯でもあります。

1万円前後のメガネケースの特徴

どこかひと工夫されているメガネケース

10000円を超えるメガネケースになかなか見かけることがありません。しかし、フリースピリッツでは、ペンケース同様にロール型のおしゃれなメガネケース。イギリスのメンズの老舗ブランドのハンソンオブロンドンなど百貨店でも、あまり見かけることがないメガネケースが豊富に揃っています。メガネケースで10000円と聞くと高いと感じられる方も多いと思いますが、使って納得のメガネケースが揃っていますので、是非プレゼントなどの際にはお選びください。

メガネケースのブランド一覧

メガネケースに関する情報

メガネケースの
お役立ち特集を発信します。

メガネを買った時に付いてくるメガネケースでは満足できない人やサングラスなどのケースを探している人に有益な情報を発信するための特集です。メガネにこだわる人はメガネケースも一定レベル以上のものをお求めになられるので、フリスピでやっと探していたものに出会った、と言ってもらえることも多々あります。これからもメガネケースに関する情報を発信し、どこで買ったらいいのか分からないという人にコンタクトできるようにしたいと思います。

メガネケースの販売店であるメンズのセレクトショップ フリースピリッツ

メガネケースの最大の役割と言えば、メガネを保護するという役割になります。メガネは、昔レンズの部分がガラスでできていたこともあり、強度の耐えることが難しかったり、少しの高さから落としただけで割れてしまうことも多々ありました。最近は、技術が非常に進化し、ほとんどのメガネのレンズの部分がプラスティックでできているために、軽量で強度もしっかりしています。また、メガネの使い方も変化をしてきています。コンタクトレンズの普及であったり、レーシック手術により、視力回復でメガネを掛ける人も減ってきています。こういった環境の変化もあり、常にメガネを着用している人は減ってきていますが、老眼鏡や乱視用のメガネを持ち歩いている方は依然として多くいらっしゃいます。スマートフォンの普及により、外出先でのメールチェックの機会も増えメガネの取り外しも必然的に多くなります。そうなると、メガネケースもしっかりとメガネを保護するという役割だけでなく、持ち歩きやすさや、鞄から取り出しやすさがメガネケースを選ぶ時に、大事なポイントになってきています。メガネも強度も上がってきていますので、今後は「ソフトタイプのメガネケース」が、男性・女性な関係なく人気が出来てくるのではないかと思います。ソフトタイプのメガネケースであれば、男性の場合、ジャケットのポケットに入れて持ち歩くことが可能です。また、スマートフォンの普及により、鞄に設計されているスマートフォンの収納スペースにも、ぴったりとソフトタイプのメガネケースであれば、収まることが多いです。今までのように、メガネを保護するという役割から、おしゃれにメガネを持ち歩けると視点でメガネケースを探される方も増えてきています。ソフトタイプのメガネケースだけでなく、ペンケースにもあるように、ロール型のメガネケースもオシャレでギフトにも人気で、今後色んなブランドでも発売されるのではないでしょうか。とは言っても、サングラスや、花粉症の時期に使用するレンズが大きめのメガネには、まだまだ対応ができていない形が多いので、従来の大きめのしっかりとサイズのメガネケースを選ばれることをおススメします。フリースピリッツでは、メガネケースの専門として、メガネに合ったメガネケースをご紹介できるように今後も、色んな形で情報発信をさせて頂きたいと思います。